嗚呼、やんぬる哉。

雲の如く、流れ歩む日々よ。

作業用BGM

またすっかり更新が途絶えていまして、

はてなから「ブログを書きましょう!」とのお誘いすらかからなくなっていました。

ご無沙汰しています、おーわ・ま。です。

 

ふと過去ログを読み返して(いや読み返すほどのエントリは無いんだけど)、

ページ作成から1年以上があっさり過ぎていることに気付きました。

そらそーだよね、前の職場を辞めるって決意してから始めたんだもんね。

 

辞めてからも後輩とやり取り続いてるんで現状は把握しているつもりなんだけど、

この関係性もいつまで続くんだろうなー、とか考えると急激に淋しくなりますね。

どう計算しても、出戻り入社をホントにするとしても、早くて8年後とかだと思うんですよね。

辞めてから8年って、そんな時期まで相談事があるワケないもんなぁ…

現実的なラインで、丸2年でしょう、きっと。あと1年半弱。

いやいや、それはなかなか淋しくなるぞ、と。

 

いやいやいや、その前に、今の職場で自分のポジションを確立しろよ、と。笑

 

入社から3ヶ月で組織が変わって上司が入れ替わって、僕を採用した人間がみんな左遷されて…じゃない、地方に異動されて。

前職でやってたことも何にも知らない管理職の下に就くのが、こんなにもやりづらいとは思わんかった。

何を期待されているのか(そもそも期待されている部分があるのか)分からない、ってのは…

これ、僕の基準で言うと退職要因でもわりと軸になることでして。

まぁ様子をみながら、今年度はなるたけ、上長の視界に入るような仕事をするしかないかなぁ、と…

もう、非常に馬鹿馬鹿しい、レベルの低い次元で思い悩んでます。

仕事をさせろ、仕事を。

 

前職で鍛えた嗅覚がどんどん鈍くなっているのを感じます。

このまま微温湯に浸かっていれば、愚鈍で従順で使いやすい駒になっていくことでありましょう。

仕事をさせろ、仕事を。

 

せめてもの抵抗で、外部での活動を増やしていこうと行動してます。

ありがたいことに名刺の力だけは(業界内では)絶大なので、社外活動はやりやすくなっています。

ここで、次に繋がるような出逢いがあると信じて…皆無だと、ちょっと、ヤバい。将来的に。

 

2020年を迎える前には、東京を出ていきたいなー。

…この生き方は、奔放なのか、安定志向なのか。

 

何にもまとまらないまま筆を置く。ぽいっ