嗚呼、やんぬる哉。

雲の如く、流れ歩む日々よ。

3ヶ月目の浮気くらい大目に見ろよ

皆さんは「浮気」ってしてみたいですか?

僕はしてみたいです。

と言っても勿論当然、夫婦とか恋人の間での修羅場ドロドロな浮気じゃなくて、

自分の市場価値を見定めながら転職か継続かを考える浮気ですけども。

 

こんばんは、おーわ・ま。です。

 

間もなくディスプレイ業界に入って、丸5年が経ちます。

そして、業界内の誰もが知っている大企業にジョインして3ヶ月が経ちました。

今日は、この3ヶ月あまりで感じたこと・分かったことをまとめてみようと思います。

 

 

・偉い人との距離がハンパない

入社してから、社長を見たのは2回。会長を見たのも2回。

喋ったことは勿論無くて、まぁ恐らく今後も直接話す機会は無いでしょう。

執行役員以下で話す機会ってあんのかな。事業部長くらいならあるのかな。

「アオちゃん」と呼んでサシで飲んでいたこれまでのナメくさっていた態度では考えられません。

今の会社で「エノっち」とか呼んだら信じられないくらい怒られることでしょう。

知識・経験不足で判断つかないことを社長のところに聞きに行くなんて、絶対に無理(秘書が通してくれません)。

社長会長までいかなくても、取締役も執行役員も雲の上の存在という感覚です。

 

いや、偉い人の話までしなくても、単純に人と人の距離が遠いです。

「会社員」としての距離感なのでしょう、きっと。

エレベーター乗ってても全員知らない人です。

自社ビルだから確実に社内の人間なのに無視です。

取引先の担当者の不倫話とか、先輩の離婚調停の話とか、事務社員の電話の聞き間違いの話で盛り上がったりしません。

近所にできた美味しいラーメン屋さんの話題で1週間盛り上がるなんて、そんな雰囲気じゃないです。

部長が痔の手術をして退院してきたからお祝いしよう!って会社の経費で飲み会なんてしません!

・・・普通ですね。

・・・どちらかというと、今までの会社がレベル低いっぽいですね。

 

まぁ、とにかく。

社員の数が100倍になると、距離も100倍くらい遠くなるということのようです。

(お、良いこと言った!)

 

 

・顧客に対して尽くす姿勢がすごい

マンパワーの違いは常々感じています。

今までだったら「自分が独りで担当していたんだろうな」って規模の仕事に、営業が3人・制作が3人・デザインが1人くらいでチーム組んでます。

それだけ、相手の希望を実現できる体制を作っています。

 

商品知識も深いし、課題を共有してるし、「そんな作業も請け負ってるの!?」と思うような範囲でも手伝います。

いや「手伝い」じゃないな、こっちが全部やってあげます。

息子を甘やかして何でもかんでもやってあげて、親離れ出来ないニートを育て上げる母親のようです。

(あー、こんな見方をしてるってバレたら物凄く怒られるな)

 

とにかく、「かけがえのないパートナー」になっています。

これは勿論見習うべきところかもしれません。

そして、だからこそ、社員の労働環境の悪化を改善できないのでしょう。

業界最大手にこんなことされたら、そりゃ、競合他社は奴隷みたいに手元で働くしかないよね!

そりゃ、某D(以下自粛)

 

 

仕事が精緻

モノ造りの追求、安全管理、支払請求の法令遵守、何でも作るという気概・・・

どこを取ってもみても、これまでとは意識の高さが違います。

業界のトップとして、小さい会社のような妥協が決して許されない矜持を感じます。

先輩の仕事を見ていても、これまでやってきた発注資料とは根本的な考え方が異なっているのを痛感します。

この点に関しては、まさに「これを求めていたよ!」と思っています。

問題は、取り扱っている商材(市場)が希望と違っていることですね・・・早く異動したい。

 

 

・申請とか精算とか本当に面倒

マジ面倒。

業務上間違いなく必要な備品を購入するのが、何故難しいのか。

顧客と打ち上げで飲んでも経費になるかどうか微妙、ってまったく意味不明。

社内の飲み会が全部経費か役員の財布だったこれまでを考えると、とても納得がいかない。

スピード違反の罰金すら社長がくれてたのに。

 

 

・人事異動(社内政治、社内力学)がエグい

 

 

仕入れ先にあたる業者からの対応が違う

業界内の展示会に行くと、会社のネームバリューの違いを痛感しますね。

「あぁ、いつもお世話になってます!(初対面なのに・・・)」

「名古屋事業所様とお取引をさせて頂いて~(ぼく関係無いのに・・・)」

「参考出品の新商品についてご意見を~(今までそんなこと聞かなかったクセに・・・)」

新卒で入った会社も地元じゃ看板で商売できるような存在だったけど、比じゃない。

つくづく、看板の力、これまで諸先輩方が積み上げてきた歴史の重み、実績の凄みを感じます。(良いことを言っている)

 

そういうものを大切にして・・・しっかり踏み台にしないといけませんね。

 

 

と、まぁ、これまで感じてきたことを書き連ねてきましたが・・・

何というか、こいつ不満持つの早ぇな。

 

もちろん、今の会社のことは尊敬しています。

憧れの会社から、自分のツールになったんだから、不満なんて些細なことです。

やるべきことをやって、学ぶべきものを学んで、取るべき資格を取って、作るべき人脈を作って、今後役立つ実績を作って、

そしたら、とっとと辞めよう。

(あ、結局・・・)

 

と言うわけで。

まぁそれなりに、頑張ってます。